【痩せる油】なぜオメガ3はダイエット・美容に効果的なのか?

油の種類について

ダイエットや美容効果のある奇跡の油…

それはズバリ、

オメガ3

です!

油といっても色んな種類がありますよね。

オメガ3が体に良いと言われているけど、

「結局どの油がオメガ3なの?」って感じですよね。

まず、料理にはサラダ油やオリーブオイルを使用することが多いと思います。

ただ、サラダ油やオリーブオイルは残念ながらオメガ3に分類されません。

サラダ油が「オメガ6」、オリーブオイルが「オメガ9」に分類されるんですが、

文字で「オメガなんとか」って言われてもややこしいのですよね^^;

分かりやすく、図でされているものがあるのでご紹介します↓

(引用著書:老けない体をつくる新習慣  山田 豊文)

このように油は分類されます。

「オメガなんとか」は液体の油の種類のことを言います!

奇跡の油「オメガ3」について

さてここから、オメガ3について詳しく解説していきます。

最近はメディアで亜麻仁油が取り上げられたりもしてるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

まずオメガ3の効果についてご紹介していきます!

オメガ3の効果

オメガ3の主な効果は、

  • 細胞の膜を柔らかくする
  • 脳の機能を活性化する
  • 炎症を抑える
  • 高コレステロールを改善する
  • 高血圧を改善する
  • 血流の流れをよくする
  • 肌を綺麗にする

などがあります。

上にあるように「オメガ3」には炎症を抑える作用があります。

腸の炎症が肌荒れやアトピーなどのアレルギーの原因になるのですが、

オメガ3によって腸の炎症が抑えられ、

美肌効果やアレルギー症状の軽減を図れます。

そしてオメガ3にはDHAやEPAの成分も含まれるので、

脳の情報伝達をスムーズにしてくれる作用もあります。

つまり、

記憶力の低下を防ぎ、認知症を予防してくれたり、学習能力の向上にも効果的なんです。

さらに!!

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれるので太りにくい体質を作ってくれます!

ダイエット中は油物はダメというイメージがあるかもしれませんが、オメガ3は積極的に摂る必要があります。

(とはいえ摂りすぎは良くないので、1日の摂取量としてはスプーン1杯〜2杯分が目安です。)

オメガ3の種類について

ではオメガ3はどのような油があるのかというと、

  • 亜麻仁油
  • えごま油
  • 青魚

などがあります。

この中でもおすすめなのが亜麻仁油です。

亜麻仁油は植物由来であるため、魚油のような海洋汚染の心配もありません。

菜種油やごま油、コーン油など、一般的な植物油のα-リノレン酸含有量が1〜10%に対し、亜麻仁油には半分以上も含まれています。

亜麻仁油の効果は古くから知られており、

ヨーロッパや北米、インド、エジプトなどで使われていました。

科学的にみても、脳を健康に保つ、骨を強くする、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーを抑える、免疫力を高める、肥満を防ぐ、不妊症を改善する…

といった効果があることがわかっています。

ただ注意事項としてはオメガ3は加熱に弱いので、調理ではなく、サラダなどのかけたりして摂るようにしてください!

オメガ3の効果は本当に素晴らしいですし、重要視しなければならない油です。

今までオメガ3を知らなかったという方や、知っていたけどなかなか取り入れられていない方はぜひ、このオメガ3を意識して摂って頂ければと思います!

亜麻仁油の質に注意!

亜麻仁油が良いのはお分りいただけたかと思いますが、

亜麻仁油にも色々あるんですよね^^;

亜麻仁油だったらなんでも良いのか?というと、

そうではなく、亜麻仁油の質もピンキリです。

亜麻仁油を選ぶポイントとしては、

オメガ3の割合はどれだけ入っているのか?

ということです。

実は100%完全オメガ3ということはあり得ないんです。

オメガ3の油でも、オメガ6やオメガ9が含まれており、オメガ3の割合が一番多いというだけです。

なので、オメガ3や他の油がどれくらいの割合なのかを明記されていない亜麻仁油は怪しいですね^^;

あと、これは絶対に注意してもらいたいのですが、

トランス脂肪酸フリーのものを選ぶ

ということですね。

植物油の製造時に体にとって有害なトランス脂肪酸が含まれてしまうことがあるので、これは注意してください。

体をよくするどころか、悪影響を及ぼしていまうので要注意です!!

オメガ3とオメガ6の理想のバランス

オメガ3とオメガ6の理想の割合は1:4

と言われていますが、

現代の食生活ではオメガ3の摂取源は非常に限られていて、意識して摂る必要があるのに対して、

オメガ6の摂取源となるものは満ち溢れています。

つまり、

オメガ6が過多

になっており、1:10とか1:50の比率になってしまっています(-。-;

なのでオメガ3を意識して摂取するとともに、オメガ6を減らしていく必要があります。

オメガ9の賢い使い方

オメガ9といえば、オリーブオイルですよね!

みなさんオリーブオイルは体に良いと聞いたことがあるかもしれません。

しかし、「どのように体に良いのか?」「どのように使っていけば良いのか?」

というところがあまり分かっておられない方が多いですね。

オメガ9が他の油と比べて優れているところは、

「加熱に強く、酸化しにくい」

ということです。

オメガ3やオメガ6は熱に弱く、酸化しやすいのですが、

オメガ9は熱に強く、酸化しにくいため、調理で加熱することに

向いている油となります。

酸化した油は体に悪影響を及ぼし、動脈硬化など生活習慣病のリスクを上げてしまいます。

その点、オメガ9は熱を加えても、酸化せず、体にとって優しい油となります。

なので、揚げ物などに使用していただくこともおすすめです!

まとめ

というわけで、油についてお伝えしていきました。

まとめると

  • 現代ではオメガ3不足、オメガ6過多。
  • オメガ3はダイエットや美容など体に嬉しい効果がいっぱい!
  • オメガ3摂るには亜麻仁油がおすすめ!
  • 亜麻仁油の質には注意!
  • オメガ3は加熱に弱いので、直接摂るかドレッシングにする。
  • オメガ9は加熱に強いので、調理で使うのがおすすめ!

という感じですね!

本当に油一つでもこれだけ種類がありますし、

体への影響はものすごく大きいです。

あまり油を意識されてこなかった方はこれを機に油の摂り方を見直してみてはいかがでしょうか?

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください