【ダメ、ゼッタイ!】水だけの断食が危険な理由とは!? ファスティング 方法

こちらの動画でも解説しているので、文章を読むのが面倒な方は

移動中にでもBGMとしてお聞きしていただければと思います↓

結構水だけの断食に挑戦される方が多いのですが、それは危険ですので、

絶対にやめてくださいね!

ちなみにマッチョ系YouTuberのぷろたんさんも水だけの断食をされたとのことで、

この方法を真似してしまう方も多いのではないか?と危惧し、この記事を書きました。

ぷろたんさんは胃腸炎を治すために医者から断食を勧められたとのことで、

確かしデトックスをして症状を改善させるということは僕も賛成ですが、

水だけというのはファスティングマイスターとしては賛成できません。

※ファスティングマイスターとは断食を安心・安全におこなうためのサポートができる資格のこと。

それでは、なぜ危険な理由についてお伝えしていきます。

なぜ水だけの断食は危険なのか?

理由①エネルギー不足

脳は「糖」をエネルギーにしているのですが、水だけの断食では糖が不足し、

頭がぼーっとしたり、ひどいと倒れてしまうこともあります。

そして、

低血糖を起こし、ひどい空腹を感じてしまったり、頭痛や吐き気を起こしてしまうケースも。

このような症状が出ることで、挫折される方が非常に多いですね。

理由②ビタミン・ミネラルが不足する

糖と同じようにビタミン・ミネラルも正常な身体の状態を維持するのに大切な栄養素です。

ビタミン・ミネラルを極端に不足した状態では活気が出ず、

無気力な状態になったり、あらゆる健康被害に繋がってしまいます。

健康になるための断食が逆に体を悪くしてしまうというのは本末転倒です。

正しい断食の方法とは

必要な栄養素(酵素ドリンク)を摂りながら行う

安全に断食を行うためには、

酵素ドリンクによって最低限のエネルギーを摂取は必須です。

この酵素ドリンクを飲みながらであれば、空腹感はあまり感じず、

すごく楽に断食を行うことができます。

「それだけで?」と思われるかもしれませんが、

僕自身この方法で全く辛くありませんし、

サポートさせて頂いたクライアントさんもほとんどの方が

「思っていたよりもお腹空がかなかった!」とか、

「全然辛くなかった」と驚かれます^ ^

ただ質の良い酵素ドリンクを選ばなければ意味がありません。

市販の酵素ドリンクは原液100%ではなかったり、

人工甘味料などの添加物が使用されていたります。

僕のサポートでは、

  • 完全無添加
  • 熟成発酵の酵素原液100%
  • 有機栽培で無農薬の果物などを使用
  • L-カルニチン配合

などなど…

こだわり抜かれた質の高い酵素ドリンクを使用します。

マナ酵素

準備食期間と回復食期間を設定する

安全な断食の方法として、

断食に入る前の準備食期間

断食終了後の回復食期間

をそれぞれ設定する必要があります。

準備食期間は「まごわやさしい」の食材を中心に摂っていただくことで、

断食中の体への負担を減らすことができます。

「まごわやさしい」とは食材の頭文字で

  • 「ま」…まめ(大豆類)
  • 「ご」…ごま、ナッツ類
  • 「わ」…わかめ(海藻類)
  • 「や」…野菜
  • 「さ」…魚
  • 「し」…しいたけ(きのこ類)
  • 「い」…芋類

となります。

なので基本的に、

お菓子はもちろん、肉や小麦などのパンや麺類なども控えていただきます。

そして回復食期間ですが、断食終了後にいきなり普通の食事に戻してしまうと、

それまで休んでいた胃腸に負担がかかってしまい、体調を崩してしまったり、

リバウンドの原因となってしまいます。

なのでまずは、

重湯などの消化に優しいものから食事を開始していきます。

そして徐々に通常の食事に戻していくという流れになります。

まとめ

さて、水だけの断食は危険だということがご理解いただけたかと思います。

そしてもちろんですが、

自己流で断食は行わず、プロのサポートを受けるようにしてください。

安全な方法で行なっていたとしても、それまでの食習慣が乱れている方ですと、

吐き気や頭痛などの症状が出る場合があります。

その際に適切な対処法を取らなければ、体に負担がかかり、

「ファスティングはしんどいもの」というイメージがついてしまいます。

ファスティングは素晴らしい効果がたくさんあるので、

ぜひ正しい方法で安全に、そして楽しくチャレンジしましょう!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください