【あなたは大丈夫?】女性の薄毛の原因ベスト3はコレです。

どうも!“美”習慣プランナーの岩村です。

 

女性で薄毛のお悩みは非常に多いです。

 

まず原因を知らないと、何に気をつけるべきかがわかりませんし、

 

間違った対処法を取ってしまうリスクがあります。

 

薄毛の原因については色々言われていますが、

 

男性についてのことが多く、女性に特化した内容のものが少ないので、

 

今回はその辺りを深掘りしてお伝えしていきます。

 

女性の薄毛の原因ベスト3

早速発表していきます。

 

【第1位】ホルモンバランスの乱れ

【第2位】シャンプーの影響

【第3位】頭皮の血行不良

 

これらが主な女性の薄毛の原因となります。

 

では一つずつ解説していきますね!

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスのグラフ

  

女性にとってホルモンバランスは非常に大切です。

 

薄毛以外にも、

 

  • 太りやすくなる
  • 更年期
  • 自律神経の乱れ
  • 生理痛

 

など。

 

ホルモンバランスの乱れによって、

 

体重の増加として現れやすい人、ストレスとして現れやすい人、

 

そして薄毛として現れやすい人、出やすい症状は人それぞれ違います。

 

もちろん複数の症状が合わさって出てくるケースもあります。

 

ホルモンバランスの影響で抜け毛が増える例として

 

「産後の薄毛」

 

があります。

 

出産後にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが減少し、

 

産後に一時的に抜け毛が増えてしまうことが起こります。

 

そして、生活習慣が乱れることによっても、女性ホルモン減少の原因になります。

 

なので生活習慣を見直す必要がありますが、

 

特に添加物や偏った栄養バランス運動不足自律神経の乱れ

 

ホルモンバランスに悪影響を及ぼします。

 

なのでホルモンバランスを整えるには以下の3つのことに気をつけてください。

 

ホルモンバランスを整えるための3つのこと

 

  • コンビニ弁当やファストフードを食べ過ぎない
  • ヨガやストレッチなど適度な運動を心がける
  • 寝る前にスマホやパソコンを見ない

 

簡単に言うと「規則正しい生活」ですね!

 

やはり基本はこういった地道なことが大切になります。

 

シャンプーの影響

  

シャンプーの写真

 

市販のシャンプーのほとんどは、

 

添加物や界面活性剤や石油系などの化学物質

 

が使用されています。

 

この化学物質が頭皮に悪影響を及ぼし、薄毛の原因となります。

 

特に女性は髪を美しく保つために、サラサラになれるようなシャンプーを選びがちですが、

 

サラサラになる成分が頭皮に良くない化学物質だったりします。

 

極論に言うと、シャンプーを使わずにお湯だけで洗うのが頭皮にとっては

 

一番いいのですが、気持ち悪いですし、そう言うわけにはいきませんよね^^;

 

なのでなるべく化学物質が使われていないシャンプーを選ぶべきですね。

  

シャンプー選びのポイント

 

シャンプー選びのポイントは、

 

  • 無添加
  • 界面活性剤不使用
  • 植物由来(石油系成分不使用)

 

です。

 

ただ、これらの条件が揃っているものを見つけるのは至難の技で、

 

100%無添加のシャンプーは市販のもではほとんどありません。

 

でもよく「無添加」と書かれたシャンプーを目にしますよね?

 

しかし、無添加シャンプーと書かれていても、実は何かしらの添加物が入っています。

 

「え!?無添加って言ってるので、添加物入ってるの!?」

 

「それって嘘ついてることになるんじゃないの!?」

 

と思いますよね。

 

これは”言葉のあや”で、よく見ると、ある特定の添加物が使われていないという表現になっています。

 

例えば、

 

“ノンシリコン、パラベン、着色料の3つの成分が無添加”

 

という風な表現がされており、一見オーガニックのように思えますが、

 

香料や保存料など、それ以外の添加物に関しては使用されているということになります。

 

つまり「完全に無添加のシャンプー」は市販のものだと難しいので、

 

最低限、界面活性剤不使用で植物由来のシャンプーを選ぶようにしてください。

 

オススメのシャンプーはまたの機会にお伝えしていきたいと思いますので、お楽しみに!

 

頭皮の血行不良

 

女性は冷え性などでお悩みの方が多いですが、

 

それらの原因として血行不良があります。

 

そして頭皮もその影響を受けるのですが、この血行不良によって

 

充分に栄養が頭皮までいかずに髪の毛が育たない原因になります。

 

なので頭皮の血行を良くしていく必要があるのですが、

 

なぜそもそも血行が悪くなるのかというと、

 

  • 交感神経が優位になっている
  • 鉄分が不足している
  • 運動不足

 

などがあります。

 

血行不良の原因と対策

 

まず「交感神経が優位になっている」についてです。

 

自律神経は交感神経と副交感神経の切り替えで緊張とリラックスを調整しているのですが、

 

夜寝る前にスマホやPCを見たり、働きすぎてストレスを溜め込みすぎると、

 

交感神経が優位になって緊張状態が続いてしまいます。

 

交感神経が優位の状態は血管を縮めるので、血流が悪くなってしまうというメカニズムになります。

 

そして、自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れにも繋がるので、より抜け毛が増えてしまったりします。

 

次に「鉄分が不足している」についてです。

 

鉄分は血液を運ぶために必要になるのですが、

 

女性は月経などの影響もあり、鉄分が不足されている方が非常に多いです。

 

鉄分を摂るために赤身のお肉などを意識していても吸収率が悪いと、なかなか鉄分は増えていきません。

 

実は鉄分の吸収率はビタミンCによって決まります。

 

ビタミンCは水溶性のビタミンで、汗や尿としてどんどん体外に排出されてしまいます。

 

なのでこまめに摂っていく必要があり、食事だけでは充分に摂取することが難しければ、

 

サプリで補ってあげるのもオススメです!

 

鉄分については動画でもお伝えしているので、もし良かったらこちらも合わせてご覧ください。

 

まとめ

 

さて今回は女性の薄毛の原因についてお伝えしてきました。

 

現代の食生活や便利な日用品、そして化学物質が使用されたシャンプなどのヘアケア商品。

 

これらの影響により、薄毛になってしまっている方が非常に多いです。

 

なので、本日お伝えさせて頂いた内容に心当たりのある方は

 

まず生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください