僕の育毛ストーリー【第3話】Aさんの過去

さて前回はなんとか薄毛改善したいけど

何をすればいいのかわからない。

という状況の中、ある男性と出会って、

悩みを打ち明けた。

という内容でした^ ^

今回は僕が出会ったある男性を「Aさん」として、

そのAさんのお話がメインになります。

Aさんの現在に到るまでの紆余曲折はすごく興味深いのでぜひ最後までご覧くださいね。

Aさんについて

Aさんは化粧品・日用品の天然成分と石油系成分の見分け方、選び方などを妊婦さんに伝えたり、

アレルギーの方のサポートをされていました。

そして薄毛のサポートもされているとのことで僕は悩みを打ち明け話を聞いてみることに。

シャンプーの成分の見分け方や、

市販のシャンプーがいかに石油系化学物質が使われているものが多く、

そういったものを皮膚から吸収して体に悪影響を及ぼしていること。

サプリとシャンプーが薄毛の原因となることなどの情報を教えていただきました。

でも、僕は…

「で、結局生えてくるの!?」

ということでした!笑

今思えばすごく重要な話だったんですけど、

その時は「効果あるのか?ないのか?」

それしか頭にありませんでしたね^^;

でも、薄毛でお悩みのあなたにはわかってもらえると思います!笑

しかし、ここでAさんの経験談や薄毛改善された方のビフォーアフターを

見せていただき、コレはすごいかも…。と思えました。

何が一番響いたのかというと、

Aさんご自身が今まで数々の育毛方法の経験談でした。

Aさんの薄毛の悩み

Aさんは高校生のころから前髪の分け目のボリュームが少なく、

それを周りの友達からもイジられたりしていました。

そして30代をすぎると拍車がかかり、薄毛は進行していき、

周りから言われることも増えていきました。

そして「これは何とかしないといけない!」ということで、

本格的に育毛に取り掛かることを決意します。

Aさんはあらゆるシャンプーや育毛剤、

「頭皮に良い」ということも全て試してこられました。

しかし、「少し抜け毛は減ったかな?」と思えるものもあったけど、

髪が生えてくるということはありませんでした。

そして、Aさんは藁にもすがる思いで、

いわゆる「高額の育毛サロン」に通うことを決意しました。

高額育毛サロンへの通院

とあるサロンの無料体験に申し込み頭皮と毛髪のチェックをしてもらい、

そのサロンで今後、育毛プログラムを受けるにあたって、

6ヶ月で43万円

という見積もりになりました。

念の為、Aさんはもう一つ別のサロンの無料体験に行かれ、

そこでは薄毛改善には2年かかると言われ、

何と2年で3067,600円のコースを提案されました!

結局Aさんは最初に行った6ヶ月43万円のサロンに通うことに決めました。

サービスの内容は、

  1. カウンセリング
  2. 頭皮チェック
  3. 月に2回の施術(頭皮の汚れを落とす、発毛促進剤の塗布、機械を使ったオゾン照射)
  4. 食事指導

これを6ヶ月おこない、経過をみました。

Aさんは多忙で月に2回通うのはキツかったそうですが、

「髪が生えてくるなら!」

と、頑張って何とか6ヶ月通われました。

そしてその結果は…

「髪にボリュームが出て、実際に髪の毛も増えた!」と

実感されました。

しかし、6ヶ月が終わる頃に院長から呼び出しが…。

「このままサロンでの施術を続けて維持していきましょう!」と言われ、

6ヶ月43万円のサービスの契約更新をするように促されました。

しかし、今後半年に1回、この価格の更新が必要になるのは

あまりにもお金の負担が大き過ぎる…。

ひとまず、金銭的な負担が大きいので、

今の状態を維持するのに最低限必要という、

  • サロン施術月2回
  • シャンプー
  • 育毛剤

を支払うことに。

それでも、1ヶ月の費用平均は37,730円となり、

決して安くない費用をAさんは払うことにしました。

毎月高い費用を払い、月2回サロンへ通い続ける。

これが一生続くのかと思うと、愕然としましたが、

通い続けるしか方法はなく、結局2年間Aさんは継続されました。

そんな毎日を過ごしている中、Aさんはある人と出会うことになります。

Aさんの転機

Aさんは妊娠前や妊婦さん向けにビジネスをされていた時に、

「うまれる」という映画の上映会を開催していたところ、

映画に関わられていた健康管理士の方とお話する機会がありました。

映画「うまれる」

その方に、

「妊娠前の方や妊婦さんを相手にするなら、化粧品や日用品のことを知っておいた方がいいよ」

と言われ、ある男性を紹介してもらいます。

その男性をBさんとします。

そのBさんから生まれてくる赤ちゃんやお母さんの体にとって、

化粧品や日用品が大きく影響力することを教えてもらい、

正しい化粧品、日用品の選び方を伝えていくことの大切さを知りました。

そしてBさんは市販のシャンプーは石油系化学物質がかなり使われているということも教えてくれました。

よく、「ノンシリコン」や「アミノ酸系」「無添加」など、

色々なシャンプーの謳い文句はありますが、

市販のシャンプーは「良いところだけ伝える」のが基本です。

例えば、「〇〇配合」と書かれていても、

該当成分がごく少量しか含まれていなかったり、

「パラベンフリー」と書かれていても、もっと刺激の強い防腐剤が使われていることもあったりします。

(※パラベンとは化粧品やシャンプーなどに使用される防腐剤の一種)

つまり「良いところだけを宣伝して、悪いところは伝えない」という手法ですね!笑

でもそれはある程度仕方ないことで、市販でものを売るとなると、

大量に作らないといけなかったり、宣伝費をかけたりしないといけないので、

どこかで帳尻を合わせないといけなくなって、

製造や開発にかかる費用を削減するほかない状態となります。

完全に天然成分由来のものを作ろうとすると、原価が高くなってしまいますし、

手間もものすごくかかってしまいます。

なので化学物質で代用するしかなく、

それは美容業界ではある程度仕方ないことらしいです。

当時Aさんが使っておられるシャンプーにもやはり、

石油系化学物質が使われていました。

それを知ったAさんは、Bさんに勧めてもらった

シャンプー、トリートメント、トニックなどのヘアケアセットを

使うことにしました。

そしてその結果はどうだったのか…。

Aさんのその後と現在

正直最初は半信半疑でサボったりされたため、

当たり前ですが、あまり変化は感じられなかったそうです…^^;

しかし、毎日トニックをつけられるようになってからは…

3ヶ月で効果がじわじわと現れ始めたとのこと。

今回の経験でAさんは育毛とは「健康になること」。

そして健康になるためには「正しいヘアケア」が必要だということを

身をもって痛感されました。

そして今度は自分が不妊や薄毛でお悩みの方に日用品の選び方などをサポートされることになり、

現在に至る…という感じです。

さて、次回からはまた僕のストーリーに戻ります!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください