【最重要】本気で痩せたい人が考えるべきダイエットの3大法則

どうも!“美”習慣プランナーの岩村です。

 

さて、この記事では本気で痩せたい人に向けての内容になります。

 

「なんとなく痩せたい」とか「2,3kg痩せれたら良いかな?」と思っている方は注意して下さい。

 

よくネットや雑誌で「本気のダイエットのための〇〇習慣」とか

 

「絶対やせるダイエットの掟!」などの記事を目にしますよね。

 

しかし、そういったものを試しても成功した人はほんの数パーセントです。

 

なぜかというと、やはり長続きしないんですよね。。。

 

実は本気で痩せたいと思っている人ほど長続きないのがダイエットの難しいところなんです。

 

本気でダイエットしたい方はまず考え方を変えなければいけません。

 

というわけで、本気で痩せたい人が考えるべきダイエットの法則をお伝えしていきます。

法則1.頑張りすぎない

筋トレをする女性の写真

 

「え?本気で痩せたいなら頑張った方が良いんじゃないの?」と思いますよね?

 

でも実は逆なんです。

 

「さぁダイエットを始めよう!」ってなった時に、いきなり頑張りすぎてしまう方がいらっしゃいます。

 

例えば

 

  • 1日2kmジョギングする
  • 夜はサラダだけ食べる
  • 間食は絶対にしない
  • 複数のエクササイズに挑戦する

 

など。

 

最初にこのような設定をしてしまうのは危険です。

 

気軽にできないものであれば、今後絶対に

 

「今日は疲れたからやめておこう…」

 

という日が出てきます。

 

これにより自分との約束を破ってしまうことになります。

 

自分との約束を破ることは自分自身への信頼を失ってしまいます。

僕は信頼残高という表現を使うのですが、

 

自分への信頼残高が減ってくると人は

 

「どうせ自分にはできない…」という思考になります。

 

よって、長続きしなくなるというわけです。

 

ハードルは低くして、信頼残高を貯蓄しよう

ダイエットだけではなく、何事にも当てはまることですが、「どうせできない」と思ってしまうと、

 

チャレンジすることを恐れてしまい、現状維持を好むようになります。

 

しかし逆に信頼残高を貯蓄することもできます。

 

簡単なハードルを設定してあげて、それをクリアしていくことで、信頼残高を貯蓄していきます。

 

例えば、

 

  • 食事制限はせずに食べる順番を意識(ベジファースト)する
  • 通勤の際に駅でエスカレータではなく階段を使う
  • 1日5分だけエクササイズする

 

など。

ご自身でこれだったら続けられそうだと思うことから始めてください。

 

「こんなことで良いの?」と思われるかもしれませんが、

 

ダイエットにおいて長続きすることが最重要項目となります。

 

そして信頼残高を貯蓄していって「どうせ自分なんて…」という思考から卒業してください。

 

法則2.必ずダイエットには停滞期が来ることを知っておく

体重計にHELPの文字が出た写真

 

これはダイエットあるあるなのですが、

 

「ダイエットを始めて最初の1ヶ月はすごく調子が良い!」と喜んでいると、

 

2ヶ月目に入ると「全く痩せない…」という現象が必ず起こります。

 

そしてモチベーションが一気に落ちてしまって、逆戻り…。

 

なぜこのような現象が起こるのかというと、

 

人間の体の特性として、元の状態を維持しようとします。

 

これを「ホメオスタシス(恒常性)」と言います。

 

ヒトの体温は大体36.5℃ですが、寒い所に行ってもその体温を維持しようとしますよね?

 

この現象がダイエットの時にも起こります。

 

例えば、もともと体重65kgあったとして、ダイエットを始めからすぐに2kg体重を落とすことに成功した。

 

しかし、ここで体は「あれ?前の状態から変化している」と気づき、

 

「元の状態を維持しなければ!」となります。

 

そうすると、ホメオスタシスが働いてしまい、体重が全く落ちなくなるという現象が起きてしまいます。

 

なので、2ヶ月目から急ブレーキがかかってしまい、全く体重が変化しなくなります。

 

こういうものだと理解しておくことが大切

ここで焦らずに、ホメオスタシスが働いているんだなと思えば、

 

モチベーションを下げることなく、ダイエットを頑張れます。

 

この停滞期を乗り越えるとまた痩せられるので、この体重が変化しない時期も

 

ダイエットを続けながら体重を維持して、

 

次の体重が落ちる時期に備えましょう!

  

法則3.「健康になる」ということを意識する

健康的な食事の写真

体重を落とすことだけにフォーカスすると、痩せられません。

 

仮に痩せられたとしてもすぐにリバウンドしてしまいます!

 

過度な食事制限は当然、栄養不足となり、あらゆる健康被害のリスクを高め、

 

ダイエットの弊害になります。

 

例えば栄養不足には以下のリスクがあります。

 

  • タンパク質が不足するとエネルギー効率が悪くなり痩せにくい体質になる。
  • 糖質を極端に減らすと低血糖状態になり、倦怠感や頭痛、気持ち悪さなどを起こしてしまう。
  • 鉄分不足は冷えなどの原因となり、朝も起きづらくなる。(特に女性は注意!)
  • ビタミン・ミネラルが不足すると、しみ・しわなど老化の原因となり、痩せたとしても見た目は老けてしまう。
  • 栄養不足でストレスが溜まり、過食に走ってしまう。

 

以上のようなリスクがあるので、不健康なダイエットは絶対にやめてください!

 

「体重を落とす」ではなく「健康になる」ことにフォーカスする

「絶対に痩せたい!」と思うのは良いのですが、それが無謀で不健康なダイエットになってしまっては逆効果なので、

 

あくまで「健康になる」ということを意識しましょう。

  

とにかく焦らず、日々の食生活の改善に努めるようにしてください。

 

オススメの方法としては、

 

「まごわやさしい」の食材を中心に摂る

 

ということです。

 

それぞれ食材の頭文字を取って「まごわやさしい」なのですが、

 

  • 「ま」…まめ(大豆類)
  • 「ご」…ごま、ナッツ類
  • 「わ」…わかめ(海藻類)
  • 「や」…野菜
  • 「さ」…魚
  • 「し」…しいたけ(きのこ類)
  • 「い」…芋類

 

となります。

 

この「まごわやさしい」はビタミン・ミネラルが豊富ですし、理想の栄養バランスとなります。

 

もちろん、これにお肉(動物性タンパク質)や果物を適量取り入れていただくのも良いのですが、

 

現代ではお肉などを取りすぎの傾向にあるので、そこまで意識しなくても可です。

 

しかし、貧血気味の方は赤身肉を意識して摂取する必要はありますが。

 

あとは白米を玄米に変えることもオススメですね!

 

玄米は白米に比べて血糖の上昇率が緩やかになりますし、

 

体のエネルギーを作るのに必要なマグネシウムなどの必須ミネラルも豊富なので、是非取り入れてみてください!

 

玄米が苦手な方は白米に玄米を混ぜて食べて頂いても大丈夫です。

 

まとめ

さて今回の内容をまとめると、

 

本気で痩せたい人が考えるべきダイエットの法則は

 

  • 頑張りすぎない
  • 停滞期が必ずあることを知っておく
  • 「体重を落とす」ではなく「健康になる」ことにフォーカスする

 

となります。

 

これはダイエットにおいて本当に大切な項目です。

 

小手先のダイエット法や健康法に惑わされずに、以上のことを常に意識して、生活してみて下さい。

 

肥満のメカニズムに関する記事はこちら。

 

【決定版】これを知らなきゃ一生痩せられない!? 肥満と血糖値の関係

2019年2月10日

プロのサポートを受けることも検討する

確実で安全に痩せるためには、やはりサポートを受けるのが手っ取り早いですし、

 

丁寧に寄り添ってサポートしてもらうことで、ズボラな人でも挫折することなくやり遂げることができます。

 

そして、あなたの目標を最短距離で達成するためのオーダーメイドのプログラムを作成してくれます。

 

そうすることで、早く理想の自分になれるので、残りの人生でより充実した毎日を手に入れることができます。

 

時間はお金よりも大事だったりしますし、

 

輝いている人は「自分に投資する」という考え方を持っている方が多いです。

 

なので、本気で痩せたい人は、その辺りも検討してみても良いのではないでしょうか?

 

オススメのダイエットプログラムはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

【タイプ別】おすすめのダイエットパーソナルトレーナー3選! 食事指導 筋トレ

2019年4月1日

もちろん自分で「ダイエット頑張りたい!」という方は

 

このブログで有益な情報をどんどん発信していますので、参考にしていただきながら、

 

ご不明点などございましたら、LINE@からお気軽にご相談していただければと思います。

 

それでは!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください