【肌トラブル】しみ・しわの3大原因とその対策。

こんにちは!”美”習慣プランナーの岩村です。

 

さて今回はしみ・しわの3つの原因についてお伝えしていきます。

 

女性にとってしみ・しわはすごく気になるところだと思います。

 

しかし、肌のトラブルは美容にとってだけではなく、健康面への悪影響を伴います。

 

つまり、「美肌習慣=健康習慣」でもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

しみ・しわの三大原因とは!?

しみ・しわで悩む女性の絵

では早速、三大原因を発表していきます!

 

  • 【原因1】活性酸素が増えている
  • 【原因2】AGE(終末糖化産物)が体の中で発生している
  • 【原因3】トランス脂肪酸を摂りすぎている

 

難しそうな文字ばかり並んでますね^^;

 

これらは食習慣や生活習慣が深く関わるものばかりなのですが、

 

しっかりとこの辺りの知識を持って、生活していただくことで、

 

しみ・しわの予防や軽減できますので、ぜひ知っておいてください。

 

では一つずつ解説してきます。

 

【原因1】活性酸素が増えている

活性酸素の絵

まず活性酸素とは何なのか?というと、

 

体の中に侵入してきた細菌などから身を守るためのもので、

 

体にとって必要なものでもあります。

 

しかしこれが増えすぎると、自身の細胞にも攻撃してしまい、

 

老化や健康被害に繋がります。

 

なので、活性酸素が増えすぎないようにしなければいけないのですが、

 

現代社会では、「ほとんどの人が活性酸素が増えすぎいる状態」と言えます。

 

活性酸素が増える要因としては、

 

  • ストレス
  • 激しい運動
  • タバコ
  • アルコール摂りすぎ
  • 紫外線
  • 大気汚染

 

などがあります。

 

普通に体に悪そうなものばかりですよね^^;

 

ストレスや紫外線、大気汚染などなかなか防ぐのが難しいものもあります。

 

では諦めるしかないのか?というと、そうではありません。

 

対策としては、

 

【対策】抗酸化作用のあるものを摂る

 

活性酸素によって体は酸化してしまうのですが、

 

抗酸化作用によってこの酸化を防いでいくことが大切になります。

 

この抗酸化作用のあるオススメの飲み物があります。

 

それが

 

「ルイボスティー」

 

です。

 

ルイボスティーはSOD(スーパーオキシトジムスターゼ)という、

 

抗酸化成分が含まれるお茶として有名です。

 

僕自身、基本的には水分補給は「水」ですが、「ルイボスティー」も積極的に飲んでいます。

 

他にもルイボスティーのデトックス作用により

 

  • むくみや冷え
  • 生理痛
  • 生活習慣病
  • 更年期障害
  • 便秘
  • 加齢臭

 

などにも効果を発揮します。

 

なので普段のお茶にルイボスティーを取り入れることをオススメします!

 

【原因2】AGE(終末糖化産物)が体の中で発生している 

ホットケーキの写真

タンパク質と糖が加熱され結びついてAGEを発生させるのですが、

 

この説明だとよく分からないので、ホットケーキを例に解説していきます。

 

ホットケーキの主な原料は小麦(糖)と卵(タンパク質)と牛乳(タンパク質)ですが、

 

これらに高温の熱が加わることでAGEが発生します。

 

ホットケーキの表面はキツネ色をしてますよね?

 

この部分にAGEが発生しています。

 

あとは唐揚げやフライドポテトなんかもそうですね!

 

そしてAGEはしみ・しわなどの老化だけではなく、

 

これらのリスクを上げてしまう原因となります。

 

  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 骨粗鬆症
  • アルツハイマー
  • 糖尿病

 

これらの健康被害のリスクを考えると、摂りすぎは怖いですよね。

 

【対策】和食と食べる順番でAGEを減らそう!

 

AGEは基本的に洋食のものに多いです。

 

和食に関しては、ビタミン・ミネラルが豊富ですし、栄養バランスも素晴らしいです。

 

普段、外食やファストフードなどが多い方は和食を意識しましょう!

 

そして、食べる順番ですが、

 

AGEは血糖値が高いと体内で発生してしまうので、なるべく血糖値の急上昇は避けたいです。

 

そこで食べる順番が重要になってくるのですが、

 

お米をいきなり食べてしまうと血糖値が上がってしまうので、

 

野菜→みそ汁→メインのおかず→米やパン

 

といった順番で食べましょう!

 

お米は少なくとも食べ始めて5分は空けた方がいいですね!

 

【原因3】トランス脂肪酸を摂りすぎている

マーガリンの写真

これは非常に多いですね!

 

現代の食品には添加物などの化学物質が溢れているので、なかなか回避することが難しいです。

 

特に日本は添加物の規制がゆるいので摂取し放題ですね^^;

 

その中でも注意していただきたいのが、

 

トランス脂肪酸

 

ですね。

 

トランス脂肪酸とは、

 

“水溶性の油を水素を添加して、無理やり固形に変えたもの”です。

 

少し難しいですが、「自然界に存在しない化学的な油」と思ってください。

 

トランス脂肪酸は、

 

「狂った油」

「食べるプラスチック」

 

と言われるくらい体にとって有害なものになります。

 

トランス脂肪酸はどういった食品に含まれるのか?というと、

 

代表的なものに「マーガリン」があります。

 

最近ではトランス脂肪酸フリーのマーガリンを目にするようになりましたが、

 

日本は欧米諸国に比べ、規制がされていないので要注意です。

 

他には、ファストフードやお菓子、パンなどにも含まれています。

 

お菓子の原材料を見ると、トランス脂肪酸とかショートニング(トランス脂肪酸の一種)の文字が確認できます。

 

このトランス脂肪酸は老化以外にも、

 

生活習慣病のリスクを高めたり、不妊の原因になったりします。

 

【対策】オメガ3の油を摂ろう!

 

トランス脂肪酸をなるべく摂らないようにするのも大切なのですが、

 

摂る油を意識することも必要です。

 

オメガ3は

 

亜麻仁油やえごま油、青魚など

 

がありますが、

 

体にとって嬉しい様々な効果があります。

 

オメガ3の効果は、

 

  • 細胞の膜を柔らかくする
  • 脳の機能を活性化する
  • 炎症を抑える
  • 高コレステロールを改善する
  • 高血圧を改善する
  • 血流の流れをよくする
  • 肌を綺麗にする

 

などがあります。

 

美容にとっても素晴らしい効果があります。

 

オメガ3については詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

【痩せる油】なぜオメガ3はダイエット・美容に効果的なのか?

2019年2月27日

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回お伝えさせてもらった習慣に当てはまる方は結構多いと思います。

 

まとめると、

 

  • 活性酸素
  • AGE
  • トランス脂肪酸
    •   

      などがしみ・しわの原因になるので、注意しないといけないのですが、

       

      完全に避けるのは無理なので、今回のことを知識として持っておいて頂いているだけで大丈夫です。

       

      それだけでも、摂取量は減りますし、あとは今回お伝えさせてもらった対策を実践してみてください。

       

      美容だけでなく、生活習慣病などのリスクを減らすことにおいても、

       

      今回の内容はすごく大切なので、ぜひあなたの生活習慣を見直して頂いて、

       

      今回の内容を参考にしてみてくださいね!

    友だち追加

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください